よろしゅうおあがり

The sky is the limit!

そばAセット【里山料理 とこせ 加か成】

8月10日(土)。半月以上経っちゃった…

この日は休日出勤でしたが、仕事が午前中で片付いたので、

同僚Aと昼ごはんにちょっとエエもんを食べに行こう、という話になり。

私「何食べたい?」

A『和食…蕎麦とか』

「蕎麦といえば床瀬やろ」(出石もあるけど)

『どこそれ』←Aは非但馬人

私自身も、床瀬に行くのは何年ぶり…??

なので さっそく検索すると、現在床瀬にはお蕎麦屋さんが5軒あるそうで。

一軒、気になるお店があったので、そちらにお邪魔することにしました。

(結果的には、これが大正解)

豊岡市竹野町里山料理 とこせ 加か成】

住所は竹野町椒(はじかみ)だって。床瀬って地名とちゃうの?行政区みたいなもん?

二人とも『そばAセット』(2,480円)を注文。

小鉢は紅花のおひたし

猪の燻製

どちらも初めて食べましたが、めっちゃおいしい(*´∀`*)

猪の燻製は全然臭みがない。いい塩梅で、

玉ねぎのスライスと一緒に食べると、とってもおいしい。

お酒のアテにいいかも。私は飲めませんが。

もっと食べたかった…。

揚げ出しとろろ芋

とろろ芋好き~♪これもおいしかった~。

オススメ。もっと食べたい。

但馬鶏つくね焼き

実は、つくねってあんまり得意じゃないんですが、

お肉の味も濃くて、しっかり目に味がついていて、

これはおいしくてパクパク食べられました。

蕗の炊いたんもいいアクセント。

季節の天ぷら

持ってこられた時に、奥さんが何のお野菜か一つ一つ説明してくれました。

自家製の旬の野菜がほんと美味しい天ぷらでした。

並そば

盛り付けキレイ(*´∀`*)+400円で大盛りにもできます。

蕎麦のいい香り~。お醤油が強い濃い目のお汁でいただきます。

薬味には、本わさび・ネギ、

それと床瀬の蕎麦につきものの柚子ではなく蕗の薹!これも初めて。おいしい。

この後そば湯をいただきましたが、これもまたおいしい(*´ω`*)

ここらへんでご主人登場。

いろいろとお話を聞かせていただきましたが、めっちゃおもしろい。

つなぎに自然薯を使っているのが床瀬のお蕎麦の特徴ですが、

『十割そばって言ってますけど、自然薯混ぜてるんで、

十割+αそばです(笑)』とおっしゃっていました。

デザートに冷やしぜんざい

ひんやり涼しい夏季限定デザート。

ご主人とお話中に奥さんが持ってこられたのですが、、

奥さん『よう喋るでしょ~?(ご主人が)話し終わるの待ってたら氷溶けちゃいますから。

ほっといて召し上がって下さい(笑)』

思わず笑ってしまいました。

お蕎麦はもちろん、どのお料理もとてもおいしくて大満足でした。

こちらはまだ比較的新しいお店のようですが、メニューには他店のように

『ヤマメの塩焼き』『松葉(鶏肉)』『椎茸』『落花生豆腐』がありません。

大阪から戻られてお店を出される際、猪や鹿の獣害に悩まされているこの地域で、

逆にその猪や鹿を使った料理を提供できないか と考えられたそうです。

猪肉などは好き嫌いが別れると思います(私もあまり得意ではないです)が、

ご主人が丁寧に調理されていて臭みも全くなく、とてもおいしくいただくことができました。

以前は近所の猟師さんから譲ってもらっていたそうですが、

今はご主人自ら狩猟免許を取得されて、

「自分で捕ったものを自分で捌いて調理してます。」とのこと。

お店の雰囲気もとてもよくて、ついついのんびり長居したくなりました。

気に入った。

ご主人のお話はとてもおもしろいし、奥さんは笑顔がとても可愛くて、

素敵なご夫婦でした。

次回は、しし鍋や他のデザートなどもいただいてみたいです。

(私の二駆スタッドレスのみチェーン無し車だと、峠が越えられない…)

雪が降るまでにもう一度行きたいお店です!

ごちそうさまでした(*´∀`*)

鹿の肝

メニューにはありません。

この日の朝、罠にかかっていたのを捕ってきて捌いたものを、

ご主人がサービスで出してくれました。

新鮮そのもの。

初めて食べるうえに、レバーが苦手なので恐る恐る食べてみると……

「!!めっちゃおいしいんやけど!!」

否、もうビックリしました。感動。

全く臭みがない。コリッコリの歯ごたえ。

お皿に血がつかずキレイなことからも、上手に丁寧に処理をされているのがわかります。

地元の猟師さんが食べるもので、元々市場には出回らないもののようですね。

珍しいものをありがとうございました(*´ω`*)